Greenbelt's Marriage Hunting!!

恋人を作るための奮闘記。

ケーティーペリー似をヨネスケ!

某日。

 

 

 

 

 

 

 

グリーンベルトはアメリカの某街にいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はストをしながらバーナンをすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブと違ってバーには仕事帰りなどで1人で来る子が一定数いて、意外と狙い目なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

やり方はこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーに行って、1人の子がいなかったらお酒を飲まずにすぐ出て次の店に行く。そして、もし1人の子がいたらしれっと近くに座る。

 

 

 

 

 

 

 

最初はいきなり話さなく、少しバーテンダーと話したりしてたり、女の子のタイミングを見て、ナンパだと思われないように自然に女の子に話しかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモールトークが当たり前のアメリカではこのやり方でほぼオープンはできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのやり方でナンパした女の子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事は役者をやっているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金髪で白人の子で、役者をやってるだけあって顔立ちも整っていて優しいし、とても素敵な女性。

 

 

 

 

 

 

 

バーで和みながら、手を繋いだり楽しい時間を過ごしたが、あえなく放流…

 

 

 

 

 

 

 

バンゲするも未だアポには繋がらず。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、仕方なく外を歩いていると。

 

 

 

 

 

 

 

背が高い白人の子を見つける…

 

 

 

 

 

 

なんと、

 

 

 

 

f:id:green-belt3:20170730044012j:image

 

 

 

 

 

 

ケーティーペリーにそっくり笑

 

 

 

 

 

 

しかもキラキラの服を着ていて、身長も175くらいあってクソでかい笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかに、アメリカのパリピという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、最近よくやる前に立って。

 

 

 

 

 

 

 

 

手を上げて、、

 

 

 

 

 

 

 

 

「んちゃ!」

 

 

 

 

 

 

 

…でオープン。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し和んで、最初は家に連れて行こうとしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

…上手くいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、その子が家に行こうとするから一緒について行くことに笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はその子も。

 

 

 

 

 

 

ペリー子「ないないない笑」

 

 

 

 

 

 

と言っていたが。

 

 

 

 

 

 

 

更に和んでいると、手をつなぐことは出来るようになる。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、ペリー子がピザを買いたいというので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンベルトは夜中の2時に食うのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思いつつも、一緒に行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、ピザを注文して待っている間、グリーンベルトが素っ気ない振りをしてたら。(というか、ピザの店員が目の前にいるので普通に立ってたら)

 

 

 

 

 

 

ペリー子が物足りなくなったのか。

 

 

 

 

 

 

 

…自分からキスをしてくる笑

 

 

 

 

 

 

 

ペリー子「グリ君はカッコいいね笑」

 

 

 

 

 

 

…でそのままピザ屋の店員の目の前でディープキス笑

 

 

 

 

 

 

ピザ屋の店員も呆れた顔をしてました…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのままペリー子の家に行き。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピザを一切れだけ食べてからの。

 

 

 

 

 

 

 

 

…キス

 

 

 

 

 

 

 

 

少しグダあるも。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままヨネスケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピザは結局全然食べなく、朝になったら冷めておりました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの女の子と6人裸の関係になったけど、今の所Tバック率100%笑

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの女性は皆Tバックをはくのかな?

 

 

 

 

 

 

 

…と思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 twitterもやってますので、ぜひぜひフォロー下さい。
twitterアカウント
@Greenbelt_fat 

 

 

 

 

 

 

 

女性のクロージング - 物思いにふけるFemale PUA -

※この記事はアメリカ人Female Pick Up ArtistのブログMusings of a Female Pick Up Artistを日本語訳したものです。この日本語訳はグリーンベルトの主観的なものが含まれている為、直訳とは異なる部分もあるかもしれませんが、なるべく皆さんには分かりやすく伝えたいと考えている為なので、ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- 女性のクロージング - 

 f:id:green-belt3:20170717021828j:image

 

 

 


私のブログでは、男の人を惹きつける方法は、何回も紹介してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


…でもね。最近は一番難しいのは「どうやってゲームをクロージングするか」ってことだと思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あとはね…どこでゲームを失敗したかを理解することも、大事だと思うの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


例えば。相手の男がしらふの状態なのに、思うように物事が進まない時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう場合は、相手の男の人に番号を教えて、次に促そうとするんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、それなのに。相手の男がたくさんお酒を飲ませて来て、あなたを家に持ち帰ろうとしてくる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時に、あなたはこれは違うなあと気づいて。この男の人との関係を終わらせる、つまり「クロージング」をする必要があると思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ちなみに、私はバーやクラブにはね。すごーーくたくさん行ってきた(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事ではほとんどの時間をお客さんの接待に使って…それが終わったら、私1人でよく外に遊びに行ったりしてたの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に人生の大部分を夜の街で遊んでたと言っても過言でないかも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてね。間違った遊び方をしてる女の子を何人も見てきたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

私はね。財布を無くしたこともあるし。女友達を男の人にセパレートされたこともある。自宅から遠いのに、男の家に持ち帰られたこともあるし。タクシーが捕まらなくて、夜中に家まで歩いて帰ったこともある…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はね。よーーく知ってるの!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

そしてね、私は、そういう所でみんながどう失敗したかを見てきたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからね。少しの時間だけ、Female PUAとして自分をコントロールするために必要な方法を話したいんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…聞いてね。私達はみんな基本的なルールは知ってると思うの。例えば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 一人ではクラブには行ってはいけない。(まあ、ほとんどいないと思うけど。)

 

2. 自分のお酒の量を分かっておく。

 

3. 夜中に1人で家に歩いて帰らない。

 

 

…ただね。こういうのはね、皆んなのお母さんがすでに教えてくれてる話だと思うから(笑)私はわざわざ話さないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、男の人の中には卑怯な人もいて、ギリギリのグレーゾーンの所を攻めてきて。私達のコントロールを奪おうとしてくるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなってしまった時に、私は思うんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゲームに負けた」って(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもね。私はね…

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームには負けたくないの!笑

 

 f:id:green-belt3:20170717022548p:image

 

 

 

 

 

1. 「カンバセーション・ストッパー」

 

夜中の3時の気色悪い灯が照らすような時間になったとして、それでも、あなたは自分をコントロールしないとだめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

PUAはね。どんな状況でも、決してゲームを投げ出してはだめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ実際に、自分のお酒の量や次に起こることを把握して、コントロールすることは一種の芸だと思う(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の人は自分のペースに持ち込む為に、あなたにお酒をたくさん飲ませようとしてくると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはね。本当に古い本に書かれたようなやり方だよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはね。こんな時は、必ず男の人から去らないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はよく走って逃げることもあるけど…こんな時にどうやって関係を終わらせたらいいか。「カンバセーション・ストッパー」のやり方の例を出すね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、あなたが夜中にクラブやバーで男の人と話している時に男の人がこんなことを言ってくる…

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中男「君と一緒に外に出たいんだけど」

 

 

 

 

そしてあなたは…

 

 

 

 

あなた「うーん…でもなあ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中男「いいじゃん。僕も君のこといいと思ってるし。君も僕のこと嫌じゃないでしょ?」

 

 

 

 

 

あなた「うーん。そうだけど。。あっ!そしたら、こういうゲームはどう?

 

 

 

 

 

 

夜中男「ん?ゲーム?笑」

 

 

 

 

 

 

 

あなた「そう。笑  もし、あなたが私の着けてる下着の色を当てたら一緒に外に出て行くよゲーム。笑

 

(1度これで口説いて来た男の人に、私の名前を覚えているか当てさせたこともあったなあ…笑)

 

 

 

 

 

 

 

夜中男「(バカな回答をする)」

 

 

 

 

 

 

 

 

あなた「…じゃあ携帯を貸して!(相手の携帯を取って番号を打ち込む)」

 

 

 

 

 

…そして続けて

 

 

 

 

 

 

あなた「答えは不正解!」

 

 

 

 

 

 

あなた「…私はね。言ったことは曲げないんだ。。残念だけど…また今度会って一緒にゲームでもしようね。」

 

 

 

 

 

 

 

 ここでアイコンタクトをして、夜中男に夜の終わりを告げてあげる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それでも夜中男はお持ち帰り出来ると信じている…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう時は、ボディーランゲージが大事で。私は素面の状態で、彼には着いて行かないということを伝えてあげよう。

 

 

 

 

 

f:id:green-belt3:20170717022941j:image

 

 

 

 

 

2. ルールを作ろう

 

 

・ルール1:

 

どちらかが相手の男の人に興味が無い場合は、相手の男の人には分からないような「合図」を女友達と決めておくといいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし相手の男の人が良かったら、とっくに2人っきりになってると思うけど…

 

 

 

 

 

 

ただ、そういう時も必ず一緒にいる女友達が大丈夫か確認してね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのは、クラブに行く前から起こることが分かっている事だから…笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様はね。合図が出たら、男の人から一旦離れて、一度女友達と話し合って、これからどうするか決めることが大事かな。

 

 

 

 

 


 

・ルール2:

 

私の中では、男の人には2杯までしかお酒を奢ってもらわないって言うルールがあるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にご馳走になるお酒は「初めましての挨拶」代わりに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一緒にいる男の人がいいなあと思えたら二杯目をご馳走になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後は男の人に番号を教えて、女友達のところに戻ることが多いかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、例外として。男の人が本当に素敵で。もっと一緒に居たいなあと思った時。

 

 

 

 

 

 

 

そう言う時は、私からお互いのお水を買ってあげて、会話を続ける様にするんだ。

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは「飲み物をいつもご馳走にならない」こと。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとーーんどの女の子が、男の人には飲み物を奢らないと思うけど。

 

 

 

 

 

 

実は、これだけのことなのに。男の人の中で、あなたの印象がすごーーい良くなるテクニックなんだよ(笑)

 

 

f:id:green-belt3:20170717023319j:image

 

 

 

 

 

3. 男の人にヒントを与えよう

 

 

あなたが嫌がってるのに男の人が強引に来る時、男の人と会話を終わらせたいと思うでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こう言うことはねえ。特に始めの頃は、私が思ってるよりもほんとーーにたくさんあると思うんだけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物学的にも、男の人は気味が悪い位、女の子をコントロールしたがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒をたくさん飲ませて。理性を失わして逃げられない様にしてくる…笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけは気を付けて!本当に強引すぎる男はいるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにね。もしあなたがここから逃げることが出来ないと感じたら、それはね。ゲームに負けたってことだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言う時は全力の力を振り絞ってそこから逃げなきゃいけない。ちゃんと自分の直感を信じてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし私が逃げるなら…こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…私が男の人と話していてモーションをかける時は、ある種のIOI(Indicators of Interest:気になる素振り)のようなものを出してるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもし、自分自身のコントロールが効かなくなった場合は、会話を終わらせる必要があると思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言う時。私は、シンプルに全てのやる気というやる気を無くした表情をするかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは本当に目に見えて分かるから、効き目があるんだけど、相手とたまにいざこざを起こすこともある(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから1番効率的な方法は、ボディーランゲージを用いて相手の男に示すこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕を組み始めたり、足を組み始める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後ろの方に持たれ掛かって、相手との距離を取り。アイコンタクトを辞める。

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、相手が話し掛けても全く違う方向を向いてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、それでも男の人がヒントに気付かない場合は、近くの誰かに声を掛けてその場から離れてしまおう。(周りには絶対に誰かしらがいるはずなので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子みんな!安全には気を付けて遊んでね!

 

 

 

 

 

 

 

 

I’ll see you on the dance floor!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Endgame / Musings of a Female Pick Up Artistより抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜 グリーンベルト的な所感(いるかな?)〜

 

…中々、女性の気持ちを英語から日本語的にするのが難しくて苦労しました(笑)

 

 

アメリカの女性は本当に主体的で、流されるような軽いことはしたがらない。

 

 

ただ、自分が良いと思ったら積極的に男の人にアプローチするし、良くないと思ったら興味を示さない。

 

 

凄くアメリカ人の女性的な考え方だなあと個人的には思いました(笑)

 

 

もし皆さんもこういう女性に興味ありましたら是非海外へ!

 

 

待ってますよ!!

 

 

I'll see you on the other countries!!

 

 

 

 

 

 

 

 twitterもやってますので、ぜひぜひフォロー下さい。
twitterアカウント
@Greenbelt_fat 

 

 

 

 

 

 

アメリカでストリートした夜

「あなたは進むのが早すぎる」

 

 

 

 

 

 

アメリカの女の子と飲んでて、家に誘おうとしたらこんなことを言われた。

 

 

 

 

 

 

 

「私もう帰るね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、失敗か。距離を近づけるのを失敗したのか、それとも価値観の違いなのか。和んだようには思えたんだけどな。しかもちょっと怒らせてしまったな…

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながらバイバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、なんとも言えない気持ちを抱えながら、満たされない気持ちを抑えるかのようにストを開始する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、もう時刻は夜中。遅い時間でのお酒の提供が禁止されているアメリカでは居酒屋やクラブはもうやってない。人は変なホームレスくらいしかいない、アメリカの街の中でただただ、心細く歩く…

 

 

 

 

 

 

…しかし、しばらく歩くと、1人街の中を歩く髪が長い女性を発見する。

 

 

 

 

 

 

 

これはチャンスとすかさず声をかける。

 

 

 

 

 

 

 

「お疲れーーい!!こんな所で何してるんだい!?」

 

 

 

 

 

 

それも、飛び切りの満面の笑みで。

 

 

 

 

 

 

すると、彼女は少し驚きながらもこちらに返事を返してくれる。

 

 

 

 

 

女の子「こんばんは(笑)あなたこそ何やってるの?」

 

 

 

 

 

 

とても素敵な笑顔。彼女は白人の子でスラッとしてとても綺麗だった。

f:id:green-belt3:20170508093409j:image

 

 

 

 グリ「僕はさっきまで近くで飲んでたんだー!君は何してるの?(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

女の子「私はカナダから彼氏と一緒に観光できたんだ!さっきまで私も飲んでたよ(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…彼氏もいるという女の子に少しうろたえた。しかし、お互いほろ酔いで良いの感じになってることもあり、嫌なそぶりをグリーンベルトには出していない。

 

 

 

 

 

 

 

 

話を続ける…

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「そうなんだ!そしたら、アメリカの観光なら任せて!僕もう結構ここにいるからね…ってか君すごい美人だね!もう僕緊張しすぎて上手く喋れないじゃん(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子「ありがとう(笑)でも、私もうホテルに戻らないと。彼氏に怒られちゃうし」

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子は帰ろうとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そりゃあそうだ。こんな夜中に危険な奴が多い中で、ホイホイとついて行ったりなどアメリカでは中々しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでナンパして思うのは、日本に比べ顔や雰囲気で刺したりする前に、まず和むことがより大事。自分は安全な人間だよと思ってもらうことが本当に大事だ。

 

 

 

 

 

 

そして、グリーンベルトは和もうと続ける…

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「まあまあまあ。せっかくアメリカまで来たんだからさあ、ちょっとだけ羽を伸ばしても良いじゃん(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

そして、カナダ子をジーっと見る。

 

 

 

 

 

 

 

…するとカナダ子が、グリーンベルトの顔をいきなり触ってきて。

 

 

 

 

 

 

カナダ子「あなたは、Cuteな顔をしてるね(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

…きた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このごく少ない一定層の外人にたまーに刺さるグリーンベルトの雰囲気…

最近全然アメリカ人の女の子に刺さらなく、自信が無くなってたが今回は雰囲気を変えてみたのが良かったのか良い印象を得たみたいだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして。

 

 

 

 

 

 

グリ「いや、君の方が全然Cuteでしょ(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

と返して、ジっーと見返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 …そして、カナダ子を引き寄せハグをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子もそれに応じる。

 

 

 

 

 

 

 

ハグはアメリカでは普通に挨拶としてやるので、ノーグダだったが、キスをそのまましようとするとカナダ子は嫌がり。。。

 

 

 

 

 

 

カナダ子「やっぱり私戻らないと」

 

 

 

 

 

 

 

と言われてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

…それを

 

 

 

 

 

 

グリ「まあまあまあ。そう言えば僕は日本から来たんだけど、カナダ子は日本に行ったことある?(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

…と流す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…するとカナダ子は。

 

 

 

 

 

 

カナダ子「無いけど、東京とかは良い所だよね!」

 

 

 

 …という。それに対し。

 

 

 

 

グリ「じゃあカナダ子が来たら可愛さに免じて案内するね(笑)」

 

 

 

 

 

 

カナダ子「ありがとう(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「そうだ!ついでにアメリカも案内し無いとね!実は僕のアパートの所が面白くて観光名所なんだよ(笑)ちょっとだけ案内させてよ!」

 

 

 

 

 

 

…もう夜中と言うこともあり、アメリカでは居酒屋やクラブもやってなく、こんなことを言い、部屋に連れ出そうと試みる。

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、ちょっとの押し引きはあったが、まあまあまあと流しそのまま部屋で飲むことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でナンパしてた時に良く使っていた「まあまあまあ」と流すやり方がアメリカでも通じるとは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…部屋に入る前にジャパニーズスタイルだと靴を脱がせ、カナダ子を部屋に入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子「あなたの家は凄い素敵だね。でも私はもうホテルに戻ら無いと…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と言い出す。それに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「まあまあまあ。取りあえずテレビでも見ようよ(笑)こっちにおいで。」

 

 

 

 

 

…と返し、カナダ子を引き寄せ、テレビをつける。

 

 

 

 

 

 

カナダ子「あ、あたし、このテレビ番組好き(笑)」

 

 

 

 

 

 

カナダ子は戻るとは言いつつも居心地の良さに、グリーンベルトにもたれかかっていた。

 

 

 

 

 

 

 

…そこで、カナダ子を見て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…キス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は相手も応じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子はホテルに戻らないと行けない葛藤と居心地の良さの狭間で戦っていたが、グリーンベルトがカナダ子をベットに連れて行くとスイッチが入ったかのように自分から服を脱ぎ出し…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子「指でして?」

 

 

 

 

 

 

 

と言ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

スイッチが入るとこんなに違うのかと、改めて白人の女性のギャップを垣間見た夜だった。

 

 

 

 

 

 

カナダ子は本当に肌が透き通っていた。そして、朝までに何回も肌を重ねた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ子をホテルに送って行き、色々話しながら「君は本当に素敵だね。」とか「今日はありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

 

 

 

 

 

 

カナダ子は嬉しそうな顔をしてくれた。

 

 

 

 

 

 

そして、別れ際。最初はあんなにキスを嫌がってたのにグリーンベルトの方に寄ってきて。自分からキスをした。そして飛び切りの笑みで…

 

 

 

 

 

 

 Bye! Friend!!

 

 

 

 

 

 

 

 

…と言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽が眩しく、とても爽やかな朝がスタートした。 

 

 

 

 

 

終わり

 

 

twitterもやってますので、ぜひぜひフォロー下さい。
twitterアカウント
@Greenbelt_fat

 

 

金髪➕白人=ワガママ?

 

f:id:green-belt3:20170226134426j:image

 

 

 

 

 

 

…某日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンベルトは、ロシア子姉がオススメのあるレストランにいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日クラブで連絡先をゲットしたロシア子姉とアポる為である。

 

 

 

 

 

 

 

するとメールが来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「着いたよ〜!」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「りょうかーい!どこいる??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「階段の下だよ〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「ほんとに?僕も今階段の下に来たんだけど、いなくない??」

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉が着いたと言うが、どこにもいない…

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「あ、ごめん。。。教えた店間違えちゃった(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「まじで!? 頼むわ〜(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「ほんとごめんね。。じゃあ私今からそっちに行くね(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「…りょうかい(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

教える店間違ったんかーい\(^o^)/ww

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなやり取りをして、数分後に電話が掛かってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「ちょっとこっちからだと、バスに乗って行かなきゃいけないんだけど…グリ君って車??」

 

 

 

 

 

 

 

…嫌な予感がする。

 

 

 

 

 

 

 

グリ「そうだよ〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「そしたら、私今日仕事でもう疲れて歩きたくないし、グリ君こっちに来てくれない??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来たーーーーー\(^o^)/www

 

 

 

 

 

 

 

そっちが店間違ったんやろーい\(^o^)/www

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと。海外の女性(特に白人の女性)は基本、意中の男性が自分のことをいつも1番に考えてくれていると思ってます。例えば、メールなども仕事中でもバンバン来ますし、少し返事が遅れると追撃のメールがバンバン来ます(笑)

しかも、返事が遅いと「この人は自分への興味が無いんだ」という風に思われるので、やりとりは仕事中と言えどかなり頻繁に対応する必要があります。彼女達にとっては「私>仕事」という感覚なんでしょうね。仕事よりも家庭を大事にするアメリカならではの感覚かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、仕方ないからロシア子姉がいるお店に移動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ここにアポを取り付けるまでのロシア子姉とのメールでは…

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「私は今恋愛をする気分じゃないから、私達は単なる友達だからね。」 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「私はあなたと会っても今回は何もしない。分かった?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと聞いてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールではかなりネガティブなことを言われたが、アメリカの女性はその時の気分に左右されやすいと感じていたので今回アポることにした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてロシア子姉がいるレストランに到着。

f:id:green-belt3:20170226152928j:image

 

 

 

 

 

 

グリ「もうお腹空いたわ〜(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「ごめんごめん、そしたら私が一杯ご馳走するね(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…気の利いた言葉をかけて貰い、ロシア子姉と一緒にご飯を食べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

何回かアメリカに住んでいる女性とご飯に行ったが、個人的に相手の国のマナーを守ることが、相手の気分を害さない為にとても大事だと思う。例えば…

 

 

 

 

 

 

 

1. スープやラーメンを食べる時はズルズル音を立ててはいけない。

 知ってる方もいるかもしれませんが、熱い飲み物(お茶も含む)を飲む時にズルズル出すと露骨に嫌な顔をされます(笑)ラーメンとか結構注意してないとついズルズルしてしまうので注意が必要。。

 

 

 

2. お茶碗やスープなど器を持ってはいけない

これをやると周りの人から不思議な目で見られます(笑)日本人くらいしか器を持たないみたいなので(多分)この人は日本人だなあと一発でわかります。

 

 

 

3. 店や車のドアは必ず開けてあげる

 これは、日本でも女性に対してやってる人もいると思いますが、アメリカでは男同士でもこれを当たり前のようにやります。笑   相手への尊重という面で、差別なく女性・男性の両方にやるのかなあと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 …とりあえず、こんな感じですかね!

みなさん、もしアメリカの女性と関わる機会があったら上記の点は守らないと相手を不快な気持ちにさせてしまう場合があるので気を付けて下さい。

 

 

 

 

 

…そして、レストランの席に着く。(話急に戻ります)

 

 

 

 

 

 

 

 

…レストランに最初通された時はソファで、隣同士に座った。そのため、相手が寄っかかってきたりお互いの距離が近かったため話しやすかった。

 

 

 

 

 

 

 

だが、途中から席を移動して対面の席になり、店には大きい音楽が流れていたというのもあり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり会話が難しい/(^o^)\www

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…えー。皆様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブのダンスフロアは音楽のリズムに合わせて相手を楽しくできますが、レストランの対面席になると正直誤魔化しが聞かないので、ある程度英語力がいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、そこまで英語力に自信が無くて、英語圏の女性とレストランに行くとしたら、少なからず会話は苦労すると思いますので、静かなところ隣同士で座れるところ(距離が近く聞こえやすい、かつスキンシップで誤魔化しがある程度効くので)を予めリサーチしておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして。(またまた急に話が戻ります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…会話の障害はあったが、何とか乗り切りそのまま家に行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家ではお互いウォーキング・デッドが好きという話でもりあがる。(皆さんも是非面白いのでみた下さい\(^o^)/)

 

 

 

 

 

 

 

 

…そして、ふとした瞬間に彼女が寄り掛かってくる。

 

 

 

 

 

 

 

…そして、肩を引き寄せてキスをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

…するとロシア子姉が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「体の関係は嫌だよ?私はあなたのことを知らないし。」

 

 

 

 

 

 

 

そして。

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「そっか…でも、前はダメだったけど、今日はチューさせてくれたんだね笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「うん笑  君は成長してる笑  君は悪い人じゃないかな笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「ありがとう笑  前も言ったけど、ただ単にロシア子姉に喜んで貰いたいだけなんだ。。。だから、もし嫌がるならそれはしないよ。」

 

 

 

 

 

 

 

…そこから激しくキスし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…そのまま準即。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり外人は一度スイッチが入るとかなり積極的に激しく来ます。普通にチューとか押し負けます…笑

 

 

 

 

 

 

…あと、手マンをする時に激しく中指を前後させるのは痛いってなるので(その前に裸の関係になった白人金髪アメリカ人にも言われたので)皆さん優しくするよう気を付けて下さい\(^o^)/(笑)

 

 

 

 終わり

 

 

twitterもやってますので、ぜひぜひフォロー下さい。

twitterアカウント
@Greenbelt_fat

 

 

 

 

アメリカ✖️初クラナン✖️ロシア人姉妹!

えー皆さま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、グリーンベルトですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、アメリカの会社に転職致しました(⌒▽⌒)

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こっちに来たら身バレもそう無いだろうと思い、友達も居なくて暇なんで笑  ブログを書いてこうかと思います(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ということで、今後ともどうぞよろしくお願いします( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

…某日(急に話変わりますがご容赦ください)

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ・カリフォルニアの某場所にて初クラナン。

f:id:green-belt3:20170214065924j:image

 

 

 

 

 

 

…僕が行ったクラブは地元だとまあまあ有名で、深夜にもなるとかなり多くの人がやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

曲はEDMが中心で、Avicii・Calvin Harrisとか他にもアメリカで最近普通に聞くような曲が結構流れる。名古屋で良くかかっていた日本の曲や韓国の曲はとりあえず僕が行った時には流れてませんでした…笑(ただ、韓国人っぽいのは結構いた。)

 

 

 

 

 

 

 

そして、周りの雰囲気も盛り上がって来てアメリカクラブで初のクラナンを開始する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々辺りを見回してみるが、アメリカのクラブで1人で来てる子はほぼ皆無。(まあ、日本もそうですが笑)基本友達か、男連れの大勢のメンバーで来ていることが多い。アメリカでのクラナンは1人でやる場合は、逆3以上でいかないといけない場合が多いです。(ただ、時間が経つと友達とはぐれた女の子とかも結構いるので、チャンスはあると思います。)

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず逆3、4で声を掛けまくってみる。…すると以外と最初の反応は良い。笑  

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ人は日常から知らない人に「挨拶」や「簡単な会話」をする文化があるので、ほとんどガンシカはありません。ただ、それは心を開いているという訳ではないのでご注意を…笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、何人か声を掛けて2人組みの女の子と和む。片方が金髪白人でまあまあタイプだったのでテンションがあがる笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ちょっと話した後に3人でダンスを踊ることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に踊ってるといきなり金髪白人の子が背中向けになって、、、

 

 

 

 

 

 

 

めちゃめちゃ尻をリトル・グリーンベルトに押し付けてくるwww

 

 

 

 

 

 

…ゴリゴリやなwww

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう1人の友達も知らん黒人からナンパされ、4人で踊る。

 

 

 

 

 

 

しかし、担当の子の相方が黒人に興味ない素振りをして、黒人がどっかに行くと、グリーンベルトの担当も友達を気にしてだんだん食いつきが薄くなる…

 

 

 

 

 

 

 

そして、あえなく放流される( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

そして、その後も数人声掛けたが余り食いつきは無く、ダンスフロアに移動したところ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人で踊っている別の金髪を発見(⌒▽⌒)

 

 

 

 

 

 

 

すかさず声掛け!

 

 

 

 

 

 

 

グリ「おっす、お疲れ〜い!元気してるー!?」

(日本のクラブでもこんな感じの声掛けをしてます…笑  多分、最初の声掛けは話す内容は関係なくて、満面の笑顔とノリが大事だと僕は個人的に思ってます。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

すると反応が返ってくる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「✖︎◯△✖︎✖︎□…!!」

 

 

 

 

 

 

グリ「……はい!?」

 

 

 

 

 

 

女の子「✖︎◯△✖︎✖︎□…!?」

 

 

 

 

 

グリ「……はい!?」

 

 

 

 

 

 

えー。みなさま。

 

 

 

 

 

 

 

ダンスフロアだと音がうるさ過ぎてかつ、英語って言うのも手伝って何を言ってるか分かりません/(^o^)\www

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、仕方ないから満面の笑顔で頷き、バーカンの方を指差して…女の子の手を持って連れて行く素振りをする。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子も頷き、一緒に音が比較的静かなバーカンに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話すと、女の子はロシアの出身で今日は妹と一緒に来たとのこと。妹は黒人に捕まり話している。そして、アメリカには10年以上住んでるとのこと。

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「実は最近私は色々あって…もう恋愛とかしばらくしたくないんだ。。セフレとかそう言うのも絶対やだ。」

 

 

 

 

 

 

…んーなんか良く聞くセリフだなあ\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

そしてとりあえず…

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ「そっか!…まあそしたら今日は楽しむしかないね!良かったらもう一回踊ろうよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

とロシア子姉に伝えて、ダンスフロアに移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉がグリーンベルトに背中を向け…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、リトル・グリーンベルトに尻をゴリゴリに押し付けてくるwww

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりこれアメリカの女の子、皆やってるんだなー/(^o^)\笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後、とりあえず密着したり、抱きしめあったりして和んで来たと思ったので…

 

 

 

 

 

 

 

…壁の近くに行き、軽くチューをする。

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「あなたのことが分からないし、私はそんなにチャラくない!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…となぜか急に怒ってしまう\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのまま怒ってどこかに行ってしまった。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ブロンドは難しいなあ笑(その時のツイート↓)

 

 

 

 

 

 

 

気分屋な外国人女性の扱いの難しさを改めて学んだ夜でした笑

 

 

 

 

 

 

 

 

…仕方なくフロアで踊ったり、違う子と話したりしてしてまたダンスフロアに行くと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…またさっきのロシア子姉を発見\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと迷ったが…再度声掛け!

 

 

 

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「さっきグリ君嫌なことしたけど、もうしない?」

 

 

 

 

 

 

グリ「うん…さっきはごめんね。絶対しないし、ロシア子姉に今日は楽しんで貰いたいんだ!」

 

 

 

 

 

 

 

ロシア子姉「だったらいいよ笑  一緒にいてあげる。」

 

 

 

 

 

 …そして、何とか再度和む。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ロシア子姉とクラブ終わりまで一緒にいて、妹と知らん黒人と合流し、一緒に朝までクラブはしごして、踊って過ごしました\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカのクラブは出入りが自由な所が多いので、途中でセパって外に出て、ビーチク舐めたり色々しました\(^o^)/(なぜかビーチクはオッケーだった。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、僕がアメリカのクラブでナンパして大事だと思った点を勝手にまとめておきます。(まだ、アメリカでのクラナン経験は全然少ないので、ご承知下さい…笑)

 

 

1. 逆3、4でもいいからガンガン行こう。

 アメリカのクラブはナンパは少ないと聞きますが、何だかんだグリーンベルトのようにナンパをしてる奴がいます(笑)逆3で行っても、知らない男がかなりの頻度で現れて、もう1人の方を担当してくれることが多いです。(場所にもよるかもしれませんので、下調べは必要かもしれません。)また、結局は自分の担当との1:1の勝負なので、自分の相方の食いつきさえ良ければキープはできます。

 

 

 2. 相手が何言ってるか分からなかったら、大きく頷き満面の笑みを返そう笑

 正直、相手が音がうるさくて英語だと何言ってるか分からない時が多々あります(笑)日本のクラブでもそういうことは良くあると思いますが、とりあえず雰囲気を壊さないようにすることか大事だと思うので、とりあえず大きく頷き満面の笑みをしましょう(笑)それか、適当に相手を褒めるセリフを言いましょう(笑)アメリカの人は適当なので、以外と何とかなります\(^o^)/

 

 

3. 犯罪に気を付けよう。

 アメリカの犯罪率(殺人)は日本の10倍以上あります。

世界の殺人発生率 国別ランキング - Global Note

銃の発砲なんか日常的に周りでも起こっていて、盗難や強盗などは日本の比べ物にならない程多いので、身の危険を感じたらとにかく身を守ることを第一に考えましょう。また、外人との喧嘩はダメぜったい!銃を普通に持ってる人がいます…笑

 

 

4. 基本的に日本のクラナンと一緒

 アメリカの女の子も基本的に、容姿や身だしなみに気を付けてる人やユーモアがある人が好きです。そして、和んだら連れ出し・セパをどうするかって所だと思います。クラナンは会話よりも雰囲気や間とかが大事だと思っていて、それはアメリカの女の子に対しても一緒だなと感じました。あまり英語力とかは関係ないような気がします(笑)普段、クラナンで日本で結果が出てる人は、自信を持ち際すれば行けるかもしれません。(ただ、ダメでも責任は取りません)

 

 

 

 

 

…という感じですかね!偉そうですいません(笑)まだまだ経験は少ないので、もっと経験したらまた考え方が違ってくるかもしれません!今後の自分の為に書いてるだけなので、気になさらずに\(^o^)/

 

次回はロシア子姉とアポってゲットした話を書きます\(^o^)/

 

 

twitterもやってますので、ぜひぜひフォロー下さい。

twitterアカウント
@Greenbelt_fat

 

 

 

理想の女性とは!

理想の女性とは。



















ナンパをやってて色んな女性と出会っていると、女性のことを顔とかスタイルとか「スペック」という言葉で見てしまいがちになる。














ただ、長い間を一緒に過ごすことになると「スペック」っていうものには慣れてしまったり、段々と年月がたつにつれ、そこへの価値っていうのは下がっていくんじゃないかなあと。














そうなると、段々とお互いの皮が剥がれていって結局残るのはその人の本質の部分だけになるんだと思う。












そしたらやっぱり、何に価値があるのかって言うと僕の中ではその人の持ってる性格で「素直で思いやりがある」ってとこが重要なんだと思う。











良く、女性のキラキラ垢で色々な男性とデートして男性を「年収」「顔」「身長」とかスペックで見ている子がいるけど、個人的にはそういう子って男性との経験が逆に少ないのかな?って思ってしまう。













ナンパをして思ったのは可愛いや綺麗やスペックってのは飽きるし、最終的にはその人の本質の部分が見えてきて、それがあまりにも自己中心的でワガママだったりしてしまうと、僕は興味を失ってしまう。













多分そういう部分に敏感だから、打算的だったり自分勝手な嘘を付いている女性ってのはなんとなく分かるし、多分そういう所を大切にしてる男性は僕と一緒で女性の打算的な部分ってのは分かってしまうんじゃないかな。












まあ、ナンパをして分かったことは自分が意外と真面目で(?)チャラチャラしてたりミーハーな考え方の人は、表面だけの関係はいいけど、長い付き合いや信頼をすることは僕は出来ないかなってとこかな。












まあ、ナンパをしてる時点で僕がこれを言っても説得力がないか。笑














ただ、信頼出来る人もやっぱりいるし、そういう出会いってのは本当に良かったなあと。











まあ、文章のまとまりは無かったけど「素直で思いやりがある女性」が僕が信頼出来るって思うんだなあと。やっぱり素直な女性は素敵ですよね。










グリーンベルトに質問、メッセージなどありましたら、ぜひぜひお気軽にご連絡下さい。

・メールアドレス
greenbelt_with_fat@yahoo.co.jp

twitterアカウント
@Greenbelt_fat

Marriage Hunting!!

…ある日















某後輩から、相談があるから電話させてくれと連絡がくる。














いきなりなんだ?金か??













と電話に出てみると…

















「グリさん、僕彼女作って結婚したいですじぇ(^з^)-☆」












そして…













「一緒に婚活しましょうぜ(^з^)-☆」











とのこと!














…と言うわけで!














グリーンベルト、婚活始めます。














と言うわけで、今後ともよろしくお願いします( ^ω^ )











グリーンベルトに質問、メッセージなどありましたら、ぜひぜひお気軽にご連絡下さい。

・メールアドレス
greenbelt_with_fat@yahoo.co.jp

twitterアカウント
@Greenbelt_fat